e-Mobilityの利点は、コンセントさえあれば、どこでも充電できること。
私たちは、「車庫」、「経路」、「目的地」の充電地点ごとに、ユーザーのニーズにフィットした利便性の高い充電サービスをご提供していきます。

すべてのドライバーが、いつでも、どこでも、ストレスなく利用できる充電ステーションの拡充を進めます(パブリック充電)。
長距離移動を支える経路での充電、帰路などに備えた目的地での充電。各地点での滞在時間やニーズにフィットした充電サービスをご提供していきます。

業務用車両、従業員駐車場、バス・トラックなど、商用車両向けの充電サービスをご提供(プライベート充電)。
充電器の選定・調達から、設置工事、定期点検・保守、最適な電気契約まで、ワンストップでe-Mobilityの導入を支援します。
また、事業者さまの初期費用の負担を軽減するスキームもご提案していきます。

一戸建て、マンションなどへの充電コンセントの設置はもとより、EVを非常用電源に活用できるV2H機器の設置など、安心・快適な「EVのある暮らし」をサポートします。
さらに、今後サービスを拡充し、ひとつのIDで「家でも外でも、自由に充電できるパッケージサービス」の開発など、ユーザーサービスの拡充を進めていきます。

災害時に有効なV2H

V2Hとは、Vehicle To Homeの略で、EVやPHVなどと住宅などの間で電力の充電・給電を双方向に行うシステムです。EVやPHVに貯めた電気を車の走行に使うだけでなく、災害時などに停電が発生した場合、蓄電池として利用できるので、バックアップ電源として有効に使えます。

公共充電インフラの現状と課題

2019年時点におけるEV・PHVの普及台数は約25万台。それに対し、充電インフラは、急速充電器が約7,000口、普通充電器が約18,000口あり、十分な規模です。
一方で、未設置地域や充電渋滞の問題が顕在化しつつあり、「空白地域」と「渋滞発生地点」の解消は、私たちが取り組むべき課題の一つです。
また、24時間365日、いつでも、どこでも、誰もがストレスなく利用できるよう、より一層の充電地点の拡充を進めていきます。