新型電気自動車用急速充電器の「2020年度グッドデザイン賞」受賞について

東京電力ホールディングス株式会社(代表執行役社長:小早川 智明)、株式会社e-Mobility Power(代表取締役社長:四ツ柳 尚子)、ニチコン株式会社(代表取締役会長:武田 一平)が共同開発した新型電気自動車用急速充電器が、このたび2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

近年、高速道路のサービスエリアを中心に電気自動車の充電待ちが発生し、充電器の高出力化と台数増加が望まれています。そこで、高出力かつ電源部と操作部を分離させる設備仕様にすることでデザインの自由度を高め、安全性とユーザビリティ(視認性・操作性等)を両立させた充電器を開発しました。安全性と使いやすさを追求しながら生活シーンに調和するデザインに取り組んだ結果が高く評価されました。

今回の受賞を契機に、新型電気自動車用急速充電器の設置拡大による充電待ち緩和、更には環境に優しい電気自動車の普及を目指すとともに、ものづくりにおけるデザインの活用を積極的に推進し、持続可能なモビリティ社会の実現に務めてまいります。

詳しくはこちらの資料をご確認ください。

新型電気自動車用急速充電器の「2020年度グッドデザイン賞」受賞について

今後の品質改善と安全性向上のため、
Internet Explorer11 (以下 IE11) への対応を終了し、以降は非推奨のブラウザといたします。

推奨環境に関してはこちら