当社が共同実施者として参画するEVバスが実証試験を開始

当社が共同実施者として参画する産学官プロジェクト(環境省委託事業)にて、EVバスの実証試験の開始を記念し、横浜市庁舎で車両披露セレモニーが開催されました。本取り組みは、熊本大学を代表実施者とする環境省CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業「エネルギー密度を向上した大型車両EVシステムの開発と大都市路線バスへの適用実証」を、横浜市交通局が横浜市営バスの路線を走行して実証試験を行います。当社は本実証事業にて、EV路線バス大量運行モデルの検討の役割を担っております。

詳しくはこちらの資料をご確認ください。

◆熊本大学 環境省の委託事業で、熊本大学を始めとする産学官連合 が開発した EV バスの実証試験を横浜市で開始 (10 月 27 日に横浜市で披露セレモニーを開催)

熊本大学プレスリリース

※代表実施者:熊本大学
共同実施者:横浜市、㈱イズミ車体製作所、㈱ピューズ、東京電力ホールディングス㈱、
㈱e-Mobility Power

今後の品質改善と安全性向上のため、
Internet Explorer11 (以下 IE11) への対応を終了し、以降は非推奨のブラウザといたします。

推奨環境に関してはこちら